買取相場

コンロの買取相場を徹底解説!高額買取を実現するちょっとしたコツも伝授!

引っ越しや買い替えなどで今あるコンロの処分を考えている人は必見!
面倒なコンロの処分を買取という方法で楽に、お得にしてみませんか?

何気なく使っているコンロも処分するとなると一苦労。お金もかかりますよね。そんな時、買取を選択肢のひとつに加えてみて下さい。
処分ではなく、買取をしてもらえば思っているより高値がついた!という実例もあります。
そこで今回はコンロの買取について順を追ってわかりやすくご説明。
人気メーカーや買取相場などを知っておくと、これから買うコンロ選びにも役立ちますよ。

コンロの買取価格を決める要素

コンロの買取をしてみたいけれど、実際どうやって査定額が決まるの?

【メーカー】大手メーカーは中古市場でも人気!

まずは自分のコンロがどのメーカーなのか確認をしましょう。
大手メーカーは品質が保証されているため、ノーブランドのコンロより市場人気は高め!
高く売れるので高く買取ってくれる、という仕組みですね。
自分が中古で購入する時も聞いたことのないメーカー品より、良く知っているメーカーのものを選ぶはず。
買取価格が高いメーカーはリンナイ、パロマ、タカラスタンダード、ハーマンなどが挙げられます。このどれかに当てはまる場合は高値がつく可能性大です!     

【機能】便利な機能があれば高額買取も!

ガスコンロに搭載されている機能にもトレンドがあります。
今人気の機能が付いていれば高く買取をしてくれるかも!
空焚きを防いでくれるセンサー機能や、高性能なグリル機能がついていれば高額買取が見込めます。
また、掃除のしやすさをアピールしているコンロなども高値がつきやすいです。
アイランドキッチンなどの、コンロがオープンになる家庭では、デザインも重視される傾向があります。シンプルでおしゃれな外見のコンロが高値買取の対象です。            

【年式】新しければ新しいほど評価アップ

購入から1年目のものと2年目のコンロでは査定額に大きな差が!
新しければ新しいほど有利に買取を進められます。
また、買取が見込めるコンロは5年以内のものが基本です。
自分が今使っているコンロの年式を確認して、買取対象になるのかチェックしておきましょう。
ただし、買取価格がつかないコンロも行政に頼んで処分するよりも割安で、買取業者に処分をお願いすることができます。
買取対象にならず処分を依頼する可能性を視野にいれておくといいでしょう。
処分の金額も業者によって異なるため、事前にリサーチしておくのをおすすめします。

コンロの買取価格の料金相場

人気メーカー別にコンロの買取相場を見ていきましょう。

『Rinnai(リンナイ)』のガスコンロ買取相場

リンナイグリル付ガスビルトインコンロRB31AM4A30R 8,000円

シンプルなデザインで掃除のしやすいガラストッププレートで、この金額がつきました。

『タカラスタンダード』のガスコンロ買取相場

タカラスタンダードTN70AV60C   9,000円
ホワイトを貴重にしたデザイン性の高いコンロで人気商品のためこの高価買取となりました。

『Paloma(パロマ)』のガスコンロ買取相場         

パロマPA-S42B-1L 7,000円                   

Siセンサー付で安全性が高く、ゴトクの洗いやすさまでにこだわったコンロのためこの金額がつきました。

買取対象になるコンロはメーカーや年式にプラスワンの機能性が求められます。自分のコンロに同じような機能が搭載されていれば高価買取も夢ではありませんよ。                     

コンロを高く買取ってもらうためのポイント

コンロを高額査定に導くために自分でできるポイントを伝授します。

きれいに掃除をしておきましょう

コンロの表面は日常的に綺麗に掃除をしている人が多いと思いますが、魚焼きグリル内部や細かいパーツの汚れは見て見ぬふりをしがちですよね。
見た目の清潔感は査定価格を大きく左右するので細部まで徹底的に掃除をしておきましょう。
ただしこびりついた油汚れを落とすためにたわしなどでごしごしこするのは禁物。傷がついてマイナス査定になりかねません。
専用のクリーナーで汚れを浮かび上がらせて布やスポンジで優しく拭き取りましょう。
細かいパーツも使い古しの歯ブラシなどでこすると綺麗になるので試してみてくださいね。                                                                       

取扱説明書や購入時の付属品は揃えておきましょう

コンロの購入時についていた取り扱い説明書や設置器具、予備のホースがあれば全て揃えて査定に出しましょう。
付属品だけでなく、オプションとして購入したものがあればそれもまとめて出すだけで査定額がアップすることも。次に使う人が買いたいと思えるように整えるのが基本です。                                          

出張買取なら出張費用も調べておきましょう

自分で持ち込む店頭買取の場合、取り外しも全て自分で行う必要があります。取り外し方は必ず取り扱い説明書を読んで、その手順通りに行いましょう。
ガスコンロは危険物なので取り外しなどに不安がある場合は、出張買取を頼む方が得策です。
出張費用も買取業者によって異なるため、事前に業者に問い合わせて費用の比較をすることをおすすめします。
買取してもらえたけれど出張費用で全て飛んで行った!ということにならないよう事前準備は面倒くさがらずしっかりしておきましょう。

まとめ              

コンロの買取相場や高く売るコツなどをご紹介しました。
思っているよりコンロの処分は大変ですよね。処分をプロの業者に頼んで、なおかつちょっとしたお小遣いも手に入れるためには、まず自分のコンロの価値を正しく理解しておきましょう。
業者が提示している買取実績などを比較して、少しでも高く買取ってくれる所を選ぶことも忘れずに!
ひと手間かけるだけで、お金を払って処分するはずだったコンロで思わぬ臨時収入を得られるかもしれませんよ。